熟睡するコツ

私はとても睡眠が浅く、且つ睡眠時間が多いという困ったタイプの人でした。いいえ、言い直します。この世に生まれて数十年、なんと睡眠が下手だということすら気付けていない人でした。

それに気付けた今でこそ言えますが、過去の私はとても劣悪な環境で寝ていたのです。

ぐっすり熟睡する方法について一つ一つ順に説明して行きましょう。

まず体の向き。私は幼い頃より左向きに寝る(身体の左側を下にした状態)ことが多く、長年そうして毎日を過ごしてきたのですが、実はこれがいけません。

内臓や静脈が圧迫されてしまうからです。さらに胃の方向や肝臓の位置と言う観点で見ても悪いことだらけなのです。圧迫された内臓は正常に働きにくくなりますし、血流も悪くなり、消化の効率も悪くなる一方なのです。

では、どうするのが良いか。以前の私はまあ仰向けが一番睡眠に適した姿勢だろうと思っていたのですが、これも間違いでした。正解は右向きに、右側を下にして寝る、です。

前述致しました内臓、血流、消化面に置いても改善しますし、その点で身体への負担が軽減されると心地よい睡眠の手助けとなります。

当然ずっと右向きに寝るのではなく、右向きをメインとして定期的に寝返りをするのがベストです。

次に布団、毛布。

長い間使っていると体が慣れてしまい気付きにくいのですが、布団や毛布は徐々に変形していったり中の綿や羽毛が寄れていってしまいます。

そうすると最初は身体への重み、負担は平均的で問題なかったのに、次第に分散され上から下から圧迫され過ぎる部分が出てきます。

毎晩同じ箇所を圧迫されてしまうとどうなるでしょう。当然身体にとって悪影響ですし、それが快眠の妨げになっていきます。

枕についても同様のことが言えます。使ってからしばらくすると使いやすく馴染んでくる枕ですが、それを過ぎれば段々と頭を変に圧迫してくる形になってしまうのです。頭は特にデリケートな部位ですので、布団や毛布より先に枕を良いものに変更することを優先しても良いかもしれません。

これらを実践し始めてから数日で効果が実感でき、ああ、熟睡とはこういうものだったのか!(≧∀≦*)と目から鱗が落ちました。

要約致しますと、熟睡をするコツ、それはやはり身体を休息させるのにベストな物理的なストレスを無くすこと、だと思います。